Webの予算管理の決定版!業務の省力化と予算の有効活用に!
1. 直感的でわかりやすい入力画面
予算の執行申請を行う入力画面は、経費の精算などを行う「伝票入力」。物品の購入申請を行う「物品購入」。出張旅費の申請を行う「旅費入力」の3種類。各画面にて必要最低限の情報を入力します。「旅費入力」では「駅すぱあと」(別途ライセンス購入が必要)と連携し、めんどうな旅費計算を自動化します。

2. 柔軟な予算管理機能
予算管理レベルは4段階まで自由に設定できます。
通常の形態科目別の予算管理のみではなく、「事業別」「目的別」「プロジェクト別」「機能別」等の予算管理にご利用いただけます。外部への情報公開を視野に入れた、わかりやすい予算科目を設定することが可能です。

3.フレキシブルな予算分類機能と残高チェック機能
予算管理レベル毎に配付された予算を、更に3階層の予算配分レベルに分けることができます。また画面入力の際、選択する予算も3階層に分類できます。実際の予算金額は、この予算配分と予算選択レベルの組合せで設定し、階層の各レベルで予算の残高をチェックするか、否かを設定することができます。この予算の分類機能と残高チェック機能により、細かな予算管理にも、弾力性の有る予算管理にも、予算管理単位(予算部署)のタイプにあわせた予算管理を実現します。

4.電子承認機能
3種類の予算執行入力画面ごとに電子承認のルートを設定できます。承認者は、「承認」「否認」「返却」の3つのアクションを簡単に行うことができます。申請者は承認状況をいつでも確認する事ができます。

5.詳細な利用者権限設定
予算管理単位(予算部署)毎に、執行可能、閲覧可能なユーザを設定します。また、予算配分レベル毎にも同様な権限設定が可能です。入力者はご自分の予算のみ入力することができ、他人のデータまで見えてしまうことはありません。また、予算部署(予算管理単位)の管理者は、予算配分レベル全体の予算を一度に管理できる画面を備えています。

>>> もどる


調達入力画面(クリックで拡大)


執行明細画面(クリックで拡大)


管理者TOP画面(クリックで拡大)