【 沿 革 】
(敬称略)

■1981年
山梨学院大学の入試・学籍・会計・管財・給与システム他、全事務システム等を開発
■1983年〜
コンピュータシステム開発のB社を設立
学校法人事務システムの開発を中心に業績を拡大
計17の学校法人において、事務効率化のために会計・管財・人事給与・固定資産・入試・学籍・成績・学費・保健室・就職・進学・同窓会などのシステムを開発
■2000年
学校法人向けのコンサルテーションを目的に(株)エヌ・ビー・ソリューションを設立
日本大学の全学統一財務管財システム構築に関するコンサルテーションを実施
大学行政管理学会に参加し、財務研究グループで学校会計基準の改正について研究
B株式会社の学校会計ASPシステム開発に関するコンサルテーションを実施
C株式会社の学校会計C/Sシステムパッケージ開発に関するコンサルテーションを実施
■2001年
日本大学のWeb予算管理システム、研究費管理システムに関する設計及びコンサルテーションを実施
早稲田大学の新財務システム検討コンサルテーションを実施
■2002年
早稲田大学の「大学事務システムプロトタイプ」の開発、設計コンサルテーションを実施
■2003年
D株式会社の学校会計Webシステム設計、開発を実施
■2004年
青山学院大学の新財務システム業者選定コンサルテーションを実施
F会社のWeb発生源システム設計コンサルテーション、開発を実施
■2005年
青山学院大学の新財務システム運用コンサルティングを実施
F株式会社の学校法人Web調達システム設計コンサルテーションを実施
予算管理WEBシステム「Dr.Budget」開発、商品化を実施
国立大学マネジメント研究会の会員
■2006年
早稲田大学、青山学院大学の運用支援コンサルテーションを実施
■2007年
岐阜済美学院、予算管理WEBシステムを導入
予算編成WEBシステムを開発、商品化
大学中長期財務シミュレーションシステム「Dr.Future」商品化
■2008年
千葉工業大学、研究費管理システム「Dr.Budget Personal」を導入
■2009年
予算管理WEBシステム「Dr.Budget Ver.U」リリース
■2010年
予算管理WEBシステム「Dr.Budget Ver.V」リリース
■2011年
科研費報告書作成システム「Dr.Reports」発売開始